A state of the Art,
New Generation Antenna from
LUSO
for the 21st Century !
Big Tower and Big Antenna,LUSO
Specialists in the Installation of Crank-up Towers, Large Antennas and Tower Rotating Systems
Global



News

Family

CRANK
鉄人

BIGシリーズ

ローテーター他

オプション

工事

メンテナンス

LUSO
==Home==
21世紀スーパーモデル
BIGシリーズ

BIGシリーズトップ

LUSO22SS

LUSO28NS

LUSO36IU
LUSO36XX
LUSO36MG

LUSO44TN
LUSO44MG

LUSO51XX
LUSO51MG


LUSO80XX

価格表
Price

製品の特徴
T

製品の特徴U

こんな試験をしています。


ここが違う。
21世紀スーパーモデル


こんな試験をしています。
設計性能評価試験
☆ストラットプレートの変形量測定



各ユニツトの滑車(プーリー)の付く ストラットプレートに荷重をかけて変形量の測定をします。




ロードセルを使用して、滑車にかかる荷重(設計値の1.5倍)をストラットプレートにかけます。



ストラットプレートには、ダイヤルゲージ(微小変形1/1000mmをはかる測定器)を接触させて変形量を実測します。







☆モーターとウォームギヤの出力トルク特性試験


ウインチワイヤーを巻き上げる力を測定する試験です。



負荷荷重を与えるディスクブレーキ力を制御して、回転トルク計のトルク値を読み取ります。


これによってモーターとウォームギヤの組み合わせた出力トルク特性がわかります。


ウインチワイヤーを巻き取るための最適設計トルク値特性になっているか確認します。





☆過負荷試験

設計搭載荷重の動作確認試験です。





標準搭載重量150kgの1.1倍のおもりを、タワートップに乗せてスムースに動くことの確認試験です。



鉄のおもりをタワーの上まで運び上げ、手でひとつひとつ積み上げて固定します。






おもりの上げ下ろしは、すべて人力で行います。
体力がものをいいます・・・・・。







☆ガイドローラーのすべり試験


ガイドローラーが柱にそってスムースに回転するか試験します。



タワーにわずかなねじれ(1mmとか2mm程度)があっても、ガイドローラーは柱にせりあがってきます。



柱全域にわたって安定して回転することを確認します。




各タワーユニットは、非常に高精度に作られていることが要求されます。
溶接の熱でも変形してはならないのです。
製作に高度な技術と多くの時間を要します。








☆アンテナマストの設計強度の確認試験


アンテナマストにロードセルを付けて荷重をかけます。









だんだんと荷重を増加させ、変形するまでデーターをとります。














設計値と実際の強度に相違がないかを確認する試験です。


タワーに強度があるからこそ、アンテナマストの設計は重要です。
風でアンテナマストが曲がると荷重が増加してタワーに大きな悪影響を与えます。
アンテナマストは絶対に曲がってはなりません。
搭載予定アンテナに基づいたアンテナマストの強度計算を必ず実施しなければなりません。

搭載するアンテナの仕様をご連絡いただければ、安全なアンテナマストの強度計算を無料でいたします。





 


耐久試験


☆ウインチワイヤーの耐久試験

タワーに搭載荷重相当のおもりを乗せて昇降を繰り返しました。

5000回の昇降を行いました。

一日一回の昇降で2,500日に相当します。
年間365日
 2500÷365日=6.85年になります。

試験結果より
これだけの昇降をしても、一部のワイヤーにバリが少し出てきたかな?という程度です。
ワイヤーにグリスを定期的(1年に1回程度)に塗るメンテナンスをすれば、予測耐用年数は30年に達します。
ほんの一部のワイヤーに関して、もう少し短い年数で交換の必要が出る可能性があります。

ワイヤーの耐用年数に関して、
上げ下げしなければ寿命が延びるという人もいますがそれは間違いです。
ワイヤーに最適なのは、グリースを塗布するメンテナンスをきちっと行い、タワーの昇降をコンスタントにさせている状態です。

BIGシリーズのメンテナンス情報は、ユーザー専用ページに常時UP dateしていきます。

安全にお使いいただくために、BIGシリーズのユーザー専用の最新情報を定期的にご覧になってください。

予測耐用年数とは、
試験結果から予測した耐用年数のことで、実際の使用環境によってのものではありません。




出荷試験
☆出荷試験
工場から出荷されるすべてのCRANK-UPタワーは、
クレーンで吊って試験用基礎に据付られます。
ステージ・踊り場付階段等のオプションも取り付けます。

そして、
各種試験を行い、合格後コンテナに積み込まれ、工場を出発します。
☆過荷重昇降試験
搭載荷重の動作試験です。





お客様の搭載重量のおもりを、タワートップに乗せてスムースに動くことの確認試験です。



鉄のおもりをタワーの上まで運び上げ、手でひとつひとつ積み上げて固定します。



おもりの上げ下ろしは、すべて人力で行います。
体力がものをいいます・・・・・。





こうして21世紀スーパーモデル BIGシリーズは、
さまざまな試験をクリアし
巨大な精密機械(インテリジェントメカニカルタワー)になるのです。
トップへ